マツエクを付けているときの洗顔方法

マツエクを付けているときの洗顔方法

女性なら毎日顔を洗うことが習慣になっていると思います。
マツエクを装着している場合、洗い方にいくつかポイントがあります。
正しく扱うことで自まつ毛が痛むのを防止できたり、マツエクを長持ちさせることができます。
ROSANNAでお勧めしている洗顔方法を説明させていただきます。

①クレンジング

まず、クレンジングはオイルフリーの物を使用してください。
ROSANNAではジェルタイプのクレンジング剤を特にお勧めさせていただいております。
なるべくまつ毛に触れないように優しくなじませるイメージです。
アイラインなどまつ毛の根元部分のメイクを落とす際は、指を使わずに、綿棒にクレンジング剤を含ませて使用すると細かい部分まで落としやすくなります。
マツエクは摩擦に弱いので、このように扱っていただくとばらつきが軽減できたり、持続力に違いが出ます。

②洗い流し方

次に洗い流す際は、シャワーを直接顔に当てないようにしてください。
シャワーの水圧が強いため、マツエクの持続力に影響してきます。
水(またはお湯)を両手に溜めて、すくい洗いしていただくのが一番良いです。
マツエクの根元にクレンジング剤が溜まりやすいので、優しく数回しっかりと洗い流してください。
そしてその後に、お好みの洗顔料を使い洗顔を行ってください。
この時もなるべく、マツエクに触れたり擦らないように注意し、洗い流す時はすくい洗いをしましょう。

③水分を拭き取る

最後に濡れたままの状態は良くないので、タオルでマツエクについた水分を優しく拭ってください。
根元付近はタオルの繊維が引っかかりやすいので注意しましょう。
更にこの後ドライヤーの冷風を、マツエクの下側から少し離して風を当てると、しっかり乾かすことができます。

④マツエクの毛流れを整える

乾かしたらスクリューブラシを使い、マツエクの毛流れを整えましょう。
洗顔後の綺麗な状態で、まつ毛専用の美容液を使うと浸透しやすいので、
お持ちの方はこのタイミングで使うと良いです。

ここまで行うことで、マツエクの持続力が少し良くなります。
マツエクの持続力はご自宅でのアフターケアに一番左右されやすいので、
取れやすい方や、扱い方が違った方は今日から試してみてください。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)