マツエクがバラつく原因と対策

マツエクがバラつく原因と対策

皆様マツエクがひっくり返ったり、変な方向を向いてバラついてしまった経験はありますか?
ROSANNAにお越しいただいているおおよその方が経験していると思います。
では何故、マツエクの方向が変わってしまうのかを説明させていただきます。

原因1『自まつ毛に合ってないマツエクをしている』

原因はいくつかあるのですが、
まず1つ目は『自まつ毛に合ってないマツエクをしている』ことです。
自まつ毛に対して2〜3ミリ長いエクステンションをつけるのがベストですが、
無理して長すぎるものや太いものを付けることで、自まつ毛がエクステンションの重みに耐えられなくなり真っ直ぐ保っていられなくなります。

原因2『自まつ毛にクセがある』

2つ目は『自まつ毛にクセがある』ことです。
マツエクはなるべく真っ直ぐ綺麗に見えるように装着します。
大体の方が自まつ毛にクセがあるので、クセの部分も毛流れに逆らって真っ直ぐ見えるように装着します。
しかし時間が経つと自まつ毛の毛流れにエクステンションも沿っていくので、
方向がバラついてしまいます。
自まつ毛に強いクセのある方は特にバラつきやすいので注意が必要です。

原因3『時間が経ち自まつ毛が伸びている』

3つ目は『時間が経ち自まつ毛が伸びている』ことです。
マツエクは自まつ毛から1.5㎜ほど離して装着しますが、
時間が経つと自まつ毛も成長するので、装着位置もそのまま伸びます。
それによりエクステンションの重みが毛先に向けてかかってくるので、
重みに耐えられずバラついたりひっくり返ります。
またグルーの劣化や摩擦により取れかかっている場合も同じです。

原因4『強いカールで装着している』

4つ目は『強いカールで装着している』ことです。
カールがゆるい方が自まつ毛との接着面積が増えしっかりと固定できますが、
カールが強くなると自まつ毛とのカール差が生まれるため、物理的衝撃も加わり易いですし、グルーの接着部分も減ります。
ゆるいカールに比べると固定力も弱いのでバラつきやすくなります。

原因5『摩擦により状態が変化』

5つ目は『摩擦により状態が変化』していることです。
マツエクは横揺れの摩擦に弱いです。
毎日の洗顔や就寝時の寝返りにより摩擦は発生します。
これにより装着後からマツエクの状態が変化しバラつきが出ます。
擦ってしまうとよりバラつきが出て、ひっくり返る原因に繋がります。

ROSANNAのスタッフにご相談ください

以上のことから、マツエクは正しい長さと太さを選定しやホームケアが大きく関わっていることがわかると思います。
自分に合った長さなどがわからない場合は、ROSANNAのスタッフがアドバイスさせていただきますのでご相談ください。
また、綺麗に保つには摩擦を起こさずマツエクに触らないことが重要です。
実はホームケア次第で見た目も持続力も大きく変わります。

自まつ毛のクセが強い方は、早い段階からコーティング剤を使用しましょう。
クセが強くない方にもオススメしています。
コーティング剤を塗ることで綺麗な方向にまとめてくれ、撥水効果もあるので持続力も良くなります。
お悩みの方は是非お試しください。
ROSANNAでも販売していますので探している方はお声がけください。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)