グルーの種類と特徴

グルーの種類と特徴

マツエク装着には必ずグルーという専用の接着材を使用していきます。
こちらは自まつ毛とマツエクを接着するものです。

グルー

ではグルーとは一体どんな成分で出来ているのかを説明させていただきます。
まず主成分はシアノアクリレートという成分になります。更にこのシアノアクリレートにも種類があり、一般的によく耳にするのがエチルとブチルです。

エチルグルー

基本的にエチルが主成分のグルーのほうが高持続となっているため、
通常用としてエチルグルーを使用しているサロンが多いです。
ROSANNAモエチルグルーを通常用のグルーとして使用しています。
エチルグルーの特徴は速乾で高持続なため施術時間を短くすることが出来、持続力も良いのですが刺激が少しあります。

お客様一人一人が体質が違いますので、このエチルグルーが合わない方も多くいらっしゃいます。
そのようなお客様に対応出来るグルーとして低刺激グルーを用意しております。

低刺激グルー

続低刺激グルーは一般的に刺激の少ないブチルという成分で作られていることが多く、ROSANNAでもブチルが主成分の低刺激グルーを用意しております。
ブチルグルーの特徴はエチルより刺激は少ないですが硬化速度が遅くなり持続力も悪くなります。
そのためROSANNAでは低刺激グルーをご希望の方は装着出来る本数が減ってしまい、出来る技術が限られてしまうのでご注意ください。

サロンによって異なる多数のグルー

現在様々なメーカーから多数のグルーが販売されております。
主成分の違いだけではなく、配合されている成分比率によっても持続力や刺激の強さが変わってきます。
このためマツエクサロンによって、使用しているグルーが異なります。
技術力も関係してきますが、今まで沁みていたのにROSANNAに来てから
は沁みなくなった方や、いつも取れやすいけれどもROSANNAで付けると持続力が良くなった方もいらっしゃいます。

ROSANNAに何でもご相談下さい

お客様に安心して通っていただけるように、ROSANNAでは正しい商材選びと技術を提供することを心がけております。
悩みのある方は是非一度お越しくださいませ。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)