夏の日差し、クーラーの乾燥からまつ毛を守りましょう!

夏の日差し、クーラーの乾燥からまつ毛を守りましょう!

こんにちは!ROSANNA北浦和店です!

もうすぐ夏が来ますね!
皆さまはどこかへお出掛けされるでしょうか?
今回は日差しやクーラーにより自まつ毛のダメージ対策をまとめてみました!

まつ毛が痛む季節到来

夏は紫外線や海、クーラーの乾燥など、
肌や髪だけでなくまつげにも過酷なシーンが多い季節です!

肌は日焼けやシミ対策に力を入れるのに、
まつげは気にしていないというお客様も多いはずです。
自まつげが傷むとマツエクのモチが悪くなったり、
まつげの周期が乱れたりします。
ではなぜ夏は特に痛むのでしょうか?

1. 紫外線量が多くなる

まつげの成分は外からキューティクル、
コルテックス、メデュラの3層に分かれています 。
キューティクルは屋根瓦状に重なっており、
タンパク質を逃さない役割を果しています。
ところが紫外線を浴びることでタンパク質が変性し、
キューティクルがはがれてしまうのです。
するとはがれた部分から水分や成分が流出し、
まつげが切れたり、細くなったりします。
まつげは黒く、肌よりも紫外線を吸収しやすいため注意が必要です。

2. 冷房で乾燥する

暑いとどうしても冷房をつけるので、
空気が乾燥します。
まつげが乾燥すると、必要な水分量が下回る
=まつげ内部のタンパク質量が低下するということにつながります。

タンパク質量が低下すると、
・まつげが本来の長さまで伸びる前に抜ける
・ハリやコシがなくなるため、まつげが弱くなる

3. 体が冷えて血行不良を起こす

冷房により体が冷え、
血行が悪くなりまつげの成長が阻害されてしまいます。

4. 海やプールの成分でダメージを受ける

海水や塩素はまつげを乾燥させ、
傷める原因になってしまいます。
乾燥して傷んだまつげに、紫外線が当たることで
さらにダメージを引き起こし、
タンパク質が変性したりまつげの変色を引き起こしたりします。
一度傷んだまつげを回復させるには時間が必要です。
また、周期が乱れるとせっかくつけたマツエクも
すぐに取れてしまう原因にもなります。

ではどうすれば良いか・・・

海やプールから上がったあとは、
必ずまつげを水で洗い流して海水や塩素が残らないようにしましょう!
外出する場合はサングラスや帽子、
日傘などで紫外線を浴びないようにすることも必要です。
また、外出前はまつげにコーティング剤を塗って、
紫外線を防いだり乾燥を防ぎましょう!

自まつ毛がしっかりしていると
エクステのもちも変わってきますので
皆さまも頑張ってケアしていきましょう!