たんぱく質の摂り方

たんぱく質の摂り方

最近爪や髪にツヤがない。
もっと爪や髪を綺麗にしたい。v
そう感じている方もいらっしゃると思います!
美容液などでもある程度のケアは出来ますが、
今回は身体の内側からということで
爪や髪の元となるたんぱく質の摂り方をまとめてみました!

たんぱく質を摂り続ける必要性

まずたんぱく質は体の色々なところをつくる材料になる物質で、
不足すると肌つや、筋肉量の不足を呼びます。
爪も髪も伸びてきてどんどん更新されていくものですので、
たんぱく質が不足していると、
その時期に生えてきた分は
弱っていたりツヤがなかったりと、
影響を受けることがあります。
このため、爪や髪のツヤを保ち続けたいのであれば、
たんぱく質をきちんと摂り続ける必要があります。

綺麗への近道とは?

筋肉をはじめとして、皮膚やマツゲのような
体毛にもたんぱく質は使われています。
ですが、たんぱく質は多くが肉や魚で、
調理に油を必要とすることが多いのです。
このため、タンパク質を摂るときに同時に、
太りやすい油分や、むくみの原因になる
塩分をたくさん摂取してしまうことがあります。
こういったことを上手に避け、
たんぱく質をなるべく肥りにくく摂取することが、
綺麗への近道に続いているのです。

たんぱく質の上手な摂り方

そこでたんぱく質の摂り方をまとめました!

ノンオイルでいただくこと。
味付けもなるべくシンプルにとどめておきましょう!
たんぱく質は調理法でうまく油分を避けることもできます。

良い例がたまごです!

たまごはコスパもいい良質なたんぱく源です。
価格の変動がほとんどないことから
物価の優等生とも言われています!
たまごの良いところは、ノンオイルで調理できる「ゆでたまご」という方法があること。
他の食材を使わなくてもできますので、純粋に卵だけを食べることができ、
余計なものを摂取せずにたんぱく質を摂ることができます。

次に豆乳です!

豆乳は植物性のたんぱく質豊富な大豆から出来ており、
油分の少ないたんぱく源として利用できます。
たんぱく質の量は非常に多いわけではありませんが、
ミルクの代わりにコーヒーや紅茶に入れたり、
パンケーキやお好み焼きを焼くときに使ったりと、
使い道が多いですよね。

そしてしゃぶしゃぶ!

しゃぶしゃぶはお肉や魚をお湯にくぐらせて
火を通して食べる調理法です。
この調理法の良いところは、余分な油を使わないところ。
さらにお湯にくぐらせることで油分が落ちて、ヘルシーになるのです。
つけだれもポン酢や大根おろしで油分少な目に調整すれば、
たんぱく質はしっかり摂れるのに、
油分は少なめの理想的なたんぱく源になりますよ。

たんぱく質でより綺麗に・・

難しい料理をしなくても簡単に摂れるたんぱく質!
上手な摂りかたで綺麗の底上げをしましょう!