ジェルネイルの替え時は

ジェルネイルの替え時は

こんにちは!
今回はジェルネイルの替え時についてまとめました!
慣れてくるとだんだん分かってくると思いますが
ジェルネイルを始めたばかりの方は
どのくらいで変えれば良いのか分からないですよね。
放置しすぎてしまうとトラブルにもなりますので
ぜひ参考にしていただけたらと思います。

替え時は3週間~1カ月

ではさっそくジェルネイルの替え時ですが、
だいたい3週間~1カ月と言われています。
3週間~1カ月経つと爪がかなり伸びてきて、
根元の自爪が見える部分が大きくなります。
見栄えも悪く生活もしづらくなってきます。

変えずに放っておいても良いの??

ではジェルネイルを変えずに放っておいても良いのか?
答えはNGです!

ジェルネイルを変えずに放っておくと、
ジェルが爪から浮いてきます。
浮いたところに雑菌が入り込み
グリーンネイルになることもあります。

グリーンネイルとは??

グリーンネイルとは、名前の通りジェルと自爪の間の部分の色が
透明から白、緑へと変化していく現象です。

爪の上に乗っているジェルが
クリアであればすぐに気付く事もできますが、
全面にカラージェルを塗っていると
浮きに気付かず症状が深刻になることもあります。

深刻化すると、緑になってしまった爪の部分は
伸び切るまで色が落ちないことも…。

爪が伸びトラブルに

そのほかにも爪が伸びた影響で
割れてしまうトラブルも起こります!

爪が長くて生活がしづらいと感じたり、
爪が髪や服に引っかかるようになると
割れやすくなってしまうので
早めにジェルネイルを変えてしまうのがおすすめです!

ジェルネイルを変えすぎるのもNG

ただ頻繁にジェルネイルを変えすぎるのもNGです!

ジェルネイルを変えすぎて
爪が薄くなり痛めることになるからです。
特にトラブルなどなければ
3週間ほどはそのままの方が良いでしょう。

サロンに行く時間がない時の対処法

どうしてもサロンに行く時間がなく、
爪を切りたくなった時は爪切りでなくやすりを使って短くしましょう。
爪切りを使うと硬い爪に力が加わり曲がり、
その瞬間に爪とジェルの間に空気が入りそこから浮いてしまうことがあります。

以上がジェルネイルの付け替えのタイミングと
起こり得るトラブルになります!
新しいネイルにすると気分も変わりますよね!
定期的に変えて綺麗な手元にしませんか?