花粉の時期のマツエクは?

花粉の時期のマツエクは?

花粉症は、1度アレルギーが発症すると
マツエクにも影響を与えると言われています。

アレルギー症状が酷いと、瞼が腫れて
マツエクどころじゃなくなる場合も。。。
そんなときの対策の仕方や、ついつい掻いてしまい
乾燥しやすくなる目元のケア方法をご紹介致します!

◇花粉症の時期はお目元が敏感に…◇
花粉症の方は、花粉が飛ぶ時期になると
お肌のバリア機能が低下するため、お肌が敏感になります。
よって、グルーに反応しやすい状態になります。

敏感な時期にいつも通りマツエクをしてしまうと、
△瞼が腫れた
△目が充血した
△涙が止まらなくなる
△瞼がとても痒くなる
など、アレルギー症状が出てしまう場合があります。。。
症状は出なくても、いつもよりモチが悪いという方もいらっしゃいます。

◇花粉症の方がマツエクをするときの対策◇
◎目の痒みで無意識に擦ってしまいやすいため、
特に痒くなりやすい目頭や目尻の端まではエクステをつけない
◎エクステの根元をいつもより少し離してつける
◎なるべく花粉が付着しにくいように、いつもより短めのエクステをつける
◎お風呂・洗顔後にドライヤーの冷風で乾かしてモチUP

花粉の時期は、人によりアレルギーが出やすい場合があるため、
花粉症などで体調が優れない日は無理してマツエクをつけないようにしましょう。

春は日中の日差しも強いため、お肌も乾燥します。
また、花粉症特有の痒みでお目元周りを掻くのも、肌のバリア機能を低下させてしまいます。
花粉症の方は春もしっかり保湿を心がけましょう!

◇花粉の時期は普段よりしっかりめにケアを◇
花粉症の影響でまつげやお目元まわりが乾燥してしまうと、
まつげ内部が不健康に弱って元気がなくなり、育毛の妨げになります。。。
普段は根元に塗る育毛美容液のみの方も、
まつげ自体に塗るコーティングタイプの美容液も塗ってあげましょう。

まつげ美容液には、消費期限があり開封した時からどんどん劣化してしまいます。
少し勿体ないですが、開封後は1〜3ヶ月以内に使い切るようにしましょう。
また、開封したばかりの時よりも明らかに色が濁ったり、
変なとろみが増していたら、劣化してるサインです。
目元トラブルを防ぐためにも、すぐに破棄して新しいものを使いましょう。

また、乾燥等で気になる目元の小皺には、毎日のお手入れがとても大切です。
ちりめんジワとも呼ばれる目元の小皺を目立たなくさせるには、
毎日のアイクリームや特別な日のお手入れとしてアイパックも効果的です!
ROSANNAでは、ヒアルロン酸入りアイパックを使用しているので、
施術しながらお目元の乾燥ケアもできます。

花粉によるお目元周りの乾燥やまつげの傷みは、まつエクの大敵です!
しっかりケアしましょう。